アニメ映画「打ち上げ花火、上から見るか下から見るか」キャスト&あらすじ(ネタバレ)紹介!広瀬すず&菅田将暉が声優に挑戦!

f:id:kinoshitayukari:20170310171941j:plain

1995年に岩井俊二さんの出世作として人気となり、映画化にもなったドラマ『打ち上げ花火、下から見るか横から見るか』を広瀬すず主演声優でアニメとして再び映画化されます。今回は2017年8月18日に公開される新作アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』についてご紹介します。

 

アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』のあらすじ

f:id:kinoshitayukari:20170310171954j:plain

両親の離婚がきっかけで転校することが決まった主人公の及川なずな。ある放課後、なずなは同級生の典道と祐介と共にプールの清掃を任されました。

誰も真面目に掃除をせず遊んだりプールサイドにじっとしていると、祐介は典道にどちらが先に50メートル泳げるかの勝負を提案します。そんな二人を見て、なずなはこのゲームで勝利した方と“駆け落ち”をしようと考えていました。勝負中、途中までは典道の方が先に泳いでいましたがターンの際に負傷し、祐介の勝利となります。

なずなは勝利した祐介にその日の夜開催される花火大会に行こうと誘います。なずなは駆け落ち相手に祐介を選びましたが、待ち合わせ場所に先に現れた典道から「祐介は来ない」と告げられ、駆け落ちのために典道とバスに乗るのです…。

映画「打ち上げ花火、下から見るか~」声優キャスト

及川なずな/広瀬すず

f:id:kinoshitayukari:20170310172005j:plain

主人公・及川なずなは、小学6年生にしては大人びた雰囲気を持つ女の子。両親の離婚やそれによる転校という現実から逃げるように、クラスの男子と駆け落ちを考えるなど、小学生にしては大胆な行動を取る面もあります。

そんな主人公・なずなを演じる広瀬すずは、ニコラのモデルデビューし、「幽かな彼女」で女優デビューを果たす。アニメの声優では「バケモノの子」でヒロイン役を務めました。2017年も映画「チア☆ダン」「先生!」などに主演が決定している今を時めく若手女優です。

 

島田典道/菅田将暉

f:id:kinoshitayukari:20170310172013j:plain

主人公・なずなに片思いする男の子の一人、島田典道。友人である祐介には、友達を裏切らない誠実な少年と思われています。

島田典道役の菅田将暉は、2009年『仮面ライダーW』でシリーズ最年少の初主演を務め俳優デビューを果たします。その後も、『デスノート2016』『暗殺教室』などドラマや映画に出演。2017年公開の映画『銀魂』『帝一の國』にも出演が決定しています。

 

安曇祐介/CV:宮野真守

宮野真守

 

なずなに片思いするもう一人の男の子・安曇祐介。父親が医者をしており、典道が怪我をした際には父親の医院で診て貰うよう勧める場面もあります。

安曇祐介役の宮野真守は、2008年アニメ『DEATHNOTE』の夜神月役や『うたの☆プリンスさまっ♪』の一ノ瀬トキヤ役を演じている、声優界の実力派です。

 

原作は1995年のオムニバスドラマの作品の1つ

f:id:kinoshitayukari:20170310172027j:plain

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は、もとはフジテレビ系列で放送されていたオムニバステレビドラマ『if もしも』の作品の1つです。

『if もしも』は、2017年現在もスペシャル番組として放送されている『世にも奇妙な物語』の、レギュラー放送終了後に放送されていたドラマ番組。この『if もしも』は1話ごとにストーリーが異なり、ドラマに登場する人物が「もしも、この時この行動をとっていたら?」というような異なる行動の後の世界が描かれるドラマです。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は、本番組で放送されたエピソードの1つです。しかしながらそういった作品であるにも関わらず、「日本映画監督協会新人賞」を獲得し、1本の映画として作り直されました。

監督は『魔法少女まどか☆マギカ』の新房昭之

文化庁メディア芸術祭でアニメーション部門審査委員会推薦作品を受賞した『さよなら絶望先生』や、劇場版が深夜アニメ初の興行収入20億円突破を記録するほどの大人気アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』など、独特な表現のある作品の監督を担当した新房昭之が監督を務めます。

脚本は映画『バクマン。』『モテキ』を担当した大根仁

全国300スクリーン以上で上映され、累計興行収入13億円を超えた週刊少年ジャンプ連載の人気漫画の実写映画『バクマン。』や、興行収入21億円を超えた森山未來主演の映画『モテキ』を務めた大根仁が、今回この作品で初めてアニメ制作に携わります。

 

『打ち上げ花火、下から見るか、横から見るか』の原作ネタバレストーリー 

 

海沿いの静かな田舎町、千葉飯岡に三人の小学生がいました。そんな田舎町の花火大会同日のこと。その日は夏休み中の登校日で、学校のプール掃除を言い渡されます。主人公のなずなは、両親が離婚をするため夏休み中に転向しなくてはならなくなり、悩んでいました。
小6の典道は、大人びて垢抜けた雰囲気の同級生なずなに恋心を寄せています。但し仲のいい祐介もなずなを好きなため、典道は自分の気持ちをずっと隠していました。

なずなが学校のプールに行くと、掃除をさぼり泳いでいる典道と祐介を見かけます。二人が競争するというのでなずなは審判をしました。なずなは、二人のうちの勝った方と、駆け落ちをすることを決意します。最初は典道が勝っていましたが、ターン時に壁に足をぶつけ、レースは祐介が勝ちます。なずなは祐介に「二人で花火大会に行こう。5時に迎えに行く」と言ってプールを去りました。突然の告白に祐介はぽうっとします。


典道と祐介が教室へ戻ると和弘ら仲間たちが、花火を横から見るとまるいのか平べったいのか議論していました。花火が横位置から見える灯台で検証しようと、5時に集まる約束をしました。

典道が帰宅すると、祐介が既に上り込んでいました。祐介は典道の足の傷を見て、自分の父の医院で診てもらえとしきりに言います。更に、なずなに告白されたが、行けなくなったと伝えてほしいと典道に頼みます。怖気づいた祐介はなずなを好きではないと強がり、一人で和弘たちとの集合場所へ向かいました。


なずなは浴衣姿に大きな荷物を持ち、祐介を待っていました。そこへ典道が到着し、祐介は来ないとなずなに伝えました。


帰り道になずなは「典道君だったら裏切らなかった?」と虚しそうに聞くので、典道は裏切らないと答えました。なずなは家に着くや否や逃げ出してきます。典道は助けることも出来ず、怒った母になずなは連れ戻されてしまいました。
そこへ灯台に行くのを止めた祐介たちが戻ってきて、典道は祐介を殴り、自分が競争に勝っていれば…と悔やむのでした。


―ここから、典道が勝った場合のストーリーが始まります。

競争に勝った典道は、なずなに花火大会に誘われました。典道は信じられず、ぽんやりとしていました。


帰宅すると祐介が家にやってきます。ところが窓からなずなの姿が見え、典道はごまかそうと必死になりました。なずなと典道は隙を見て逃げますが、祐介に目撃されてしまいます。
二人は駅行きのバスに乗りました。なずなが大きな荷物を持っているので典道は家出かと思いましたが、彼女は“駆け落ち”だと言いました。


駅に着き次の電車を待っている間、なずなはトイレで浴衣を脱ぎました。荷物を持たされた典道はドキドキが止まりません。なずなは16歳のフリをして夜の商売で典道を養うと話し、口紅をし大人っぽいワンピースに着替えました。やがて電車がやって来ますが、なずなは急にバスで帰ると言い出し、典道は振り回されます。
一方の祐介たちは灯台に向かいますが、徒歩ではなかなか辿り着けず、辺りは暗くなっていました。祐介は逃げた二人のことを思い、モヤモヤとしていました。

夜、二人は学校のプールに忍び込みます。ちょうど花火の音が聞こえていました。なずなは服のままで水の中に入り、彼女の大胆不敵な行動に典道は委縮します。しかしなずなの一瞬の悲しげな表情を見て、典道も水に飛び込み、二人はしぶきをあげながら戯れました。そしてなずなは「今度会えるの、二学期だね」と微笑んでプールを去っていきました。
終わった花火大会の会場へ典道が一人で向かうと、デート中の三浦先生に出くわします。典道は先生に、花火は横から見たらまるいのか平べったいのか聞きました。先生は恋人の友人である花火師のもとへ典道を連れて行くと、花火師は余った花火を典道の真上に打ち上げてくれました。
祐介たちはようやく灯台へ辿り着きますが、既に花火は終わっていました。しかし終わったはずの花火が揚がります。横から見た花火はまるい形をしていました。
そして真下から見上げた典道にも、まるい花火が見えました。

 

以上、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』のネタバレストーリーやキャスト紹介でした。映画の公開は2017年8月18日です。楽しみですね。