水原希子&妻夫木聡初共演!「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせガール」あらすじ・キャスト紹介!

f:id:kinoshitayukari:20170904003427j:plain

妻夫木聡&水原希子主演!渋谷直角原作『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』の映画が2017年9月16日に公開となります。今回は公開に先駆けて、映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせガール」のあらすじとキャスト、見どころなどを紹介します。

 

 

 

映画「奥田民生ボーイと出会う男すべて狂わせガール」キャスト紹介!

主人公コーロキ・ユウジ・・・妻夫木聡

f:id:kinoshitayukari:20170904003447j:plain

今作の主人公・奥田民生になりたいボーイ・コーロキユウジを演じるのは、実力派でイケメンの俳優・妻夫木聡さん。妻夫木さんは、数々の賞を受賞するほどの演技派で男女とも人気のある俳優です。代表作は映画「ジョゼと虎と魚たち」「涙そうそう」など。今回は、小悪魔に翻弄される男ということで、かっこよい役とは違った新たな一面が見れそうですね。

 

魔性のヒロイン天海あかり・・・水原希子

 

f:id:kinoshitayukari:20170904003622j:plain

“狂わせガール”ことアパレル会社で広報を務める今作のヒロイン・天海あかり。あかりは、どんな男性も虜にしてしまうほどの魔性の女性です。今回そんなあかり役を演じるのは、モデルで女優の水原希子さん。もともと大根監督の『モテキ』のファンだった水原希子さんは、大根監督の作品への出演が決まって喜んでいるようです。モデルとしてもスタイル抜群の水原さんは、一体どんな魔性の女を演じるのでしょう

 

コーロキの先輩・ヨシズミ役は新井浩文

f:id:kinoshitayukari:20170904004302j:plain

ヨシズミは、コーロキと同じ「マレ」に勤める先輩編集者。そんなヨシズミ役を演じているのは、ベテラン俳優の新井浩文さん。代表作に映画『GO』『青い春』などがあり、強面の印象から犯罪者などの”悪役”をよく演じていますが、近年では今作も含めてさまざまな役に挑戦し幅を広げているベテランです。大根仁監督の『バクマン。』にも出演しています。

コラムニスト美上ゆう:安藤サクラ

f:id:kinoshitayukari:20170904004229j:plain

美上ゆうは、雑誌「マレ」でコラムを連載しており、いつも締め切りギリギリの遅筆で有名なコラムニスト。そんな美上を演じるのは演技派女優の安藤サクラさん。

安藤サクラさんは父は俳優の奥田瑛二、母はエッセイストの安藤和津、姉は映画監督という、芸能一家の一員で、2014年公開の『百円の恋』では、主演を務めその演技力から日本アカデミー賞主演女優賞を受賞している演技派の女優です。

 

 

ファッションライター倖田シュウ役:リリー・フランキー

f:id:kinoshitayukari:20170904004210j:plain

志村けんの大ファンのフリーライター倖田シュウ役はリリー・フランキーさんが演じます。リリー・フランキーさんは、イラストレーター、俳優、作詞、作曲家、エッセイストなど、多種多才なジャンルで活躍し、数えきれないほど話題作に出演。

奥田民生になりたボーイと出会う男すべて狂わせるガール』あらすじ

f:id:kinoshitayukari:20170904003634j:plain

主人公コーロキは、うだつのあがらない35歳の雑誌編集者です。家電紹介の雑誌からいきなりライフスタイル「マレ」の編集部へ異動させられます。ライフスタイル「マレ」では、おしゃれな自分が素敵というのがモチ-フになっているので、奥田民生に憧れている自分とはズレていると感じていました。初めはスタッフはみんなスカしていると偏見の目でみていたコーロキですが、それどころか彼らはみんないい人ばかりだったのです。

そんなある日、コーロキに訪れた運命の出会い。いままでに自分が会ったことのないような美しさで、まさに自分好みの女性に出会います。コーロキは彼女に一目惚れしてしまったのです。

彼女の名は天海あかり。彼女との恋の展開は猛スピードで進み、いつしか彼女は自分の腕の中にいる存在に…。あかりに一目惚れをしてから、彼女に人生を狂わせられてしまうコーロキ。あかりに出会ったことで、深みにハマり狂気に満ちてしまいます。(公式ページより)

 

 

監督は『モテキ』の大根仁

f:id:kinoshitayukari:20170904004127j:plain

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」の監督は、『バクマン。』や『モテキ』など、数々の作品を大ヒットに導いた大根仁監督。

監督・脚本をつとめた『モテキ』では、第35回日本アカデミー賞で、話題賞・優秀作品部門を受賞しています。

本作では、水原希子さんのエロい魔性っぷりや、奥田民生になりたいボーイ代表のコーロキのダメ男っぷりと成長を描いた映画となるのか?「こういう人いるよね」「こんなことあるよね」と言ったリアルな現代の恋愛を切り取ったモテキに続く大根監督の代表作となりそうですね。

 映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』の公開日は2017年9月16日です。