名作少女マンガを実写映画化!「ママレードボーイ」あらすじ&キャスト、桜井日菜子&吉沢亮ダブル主演

f:id:kinoshitayukari:20170928025414j:plain


名作少女漫画、吉住渉さんの『ママレード・ボーイ』が2018年に実写映画化する事が決定!

「ママレードボーイ」とは、少女マンガ雑誌『りぼん』に1992年から1995年まで掲載され、<名作だと思う「りぼん」の漫画>に、あの「ちびまる子ちゃん」についで、2位という伝説的な人気漫画です。


主演は、10代女優の注目株・桜井日奈子さんと、イケメン若手俳優吉沢亮さんのダブル主演となっています。

そんな2018年注目の映画原作のあらすじと映画版のキャスト、スタッフの紹介をしていきたいと思います。




90年代の伝説的少女漫画『ママレード・ボーイ』のあらすじ

f:id:kinoshitayukari:20170928030339j:plain


主人公・小石川光希(こいしかわ みき)は、ある日突然両親が離婚することを告げられます。両親はハワイで知り合ったという松浦夫婦と意気投合し、松浦夫婦の妻と光希の父が、そして松浦夫婦の夫と光希の母がそれぞれ再婚すると言うのです。

そして光希は、「みんな一緒に暮らそう」と言う両親の提案を受けて、松浦夫婦の息子・遊も含めた全員と同居生活を送るようになります。一つ屋根の下で暮らす中で、光希と遊は互いに惹かれあい、やがて付き合うようになります。


しかし実は、両親たちは学生時代からの友人。遊は、自分と光希が血の繋がった兄妹なのではないかと疑うようになるのです。

実写映画『ママレード・ボーイ』キャスト紹介

主人公・光希役には桜井日奈子が抜擢!

f:id:kinoshitayukari:20170928025602j:plain

本作の主人公・小石川光希役を演じるのは、岡山の美少女コンテストで優勝しCMなどでぐんぐん知名度を上げた、ネクストブレイク女優候補の桜井日奈子さん。

また、今作が映画初主演となる桜井日奈子さんは、自分が映画のヒロインを演じるのはまだ実感できないとコメント。
その一方でデビューから日が浅い自分にとっては、今回は思いもよらない大きなチャンスなので、全力で光希を演じたいと意気込みも語っています。
代表作は、『THE LAST COP/ラストコップシリーズ』『そして、誰もいなくなった』など。

松浦遊は、自他共に認めるイケメン俳優・吉沢亮

f:id:kinoshitayukari:20170928025639p:plain

この映画のもう一人の主人公である、松浦遊を演じるのは、イケメン俳優の吉沢亮さん。

自他ともに認めるイケメンであるにも関わらず、今作のような正統派イケメンを演じるのは初めてということで、「自分の顔面をフル活用する時が来た」とコメントしています。

吉沢亮さんは、『仮面ライダーフォーゼ』の 朔田流星(仮面ライダーメテオ)、映画『銀魂』の沖田総悟役などで注目を集め、『オオカミ少女と黒王子』『アオハライド』など、少女漫画原作の映画にも多数出演。

銀太や亜梨実、両親役は?気になるその他のキャスト予想

今はまだ、主人公の光希と遊役しか発表されていませんが、『ママレード・ボーイ』には、たくさんの魅力的なキャラクターが。

須王銀太は、今ブレイク中の竹内涼真
f:id:kinoshitayukari:20170928030421j:plain
f:id:kinoshitayukari:20170927014411j:plain

ヒロイン・光希が長い間思いを寄せていた銀太も今作の注目キャラクターです。
銀太は、体育会系で男らしくぶっきらぼうなキャラクター。
今ブレイク中の竹内涼真がはまり役という声がネットで上昇しています。



遊に思いを寄せる亜梨実は?

f:id:kinoshitayukari:20170928030606j:plain
f:id:kinoshitayukari:20170928030616j:plain

今作の主人公・遊に思いを寄せていたショートカットの美少女・亜梨実には、やはり広瀬すずさんが妥当との声が。





ヒロインの親友・茗子
f:id:kinoshitayukari:20170928030639j:plain

f:id:kinoshitayukari:20170928030649j:plain

光希の親友である茗子も重要人物。こちらのキャラクターも美少女という設定なので、ハーフフェイスでロングヘアの中条あやみさんを予想。



さらに、光希と遊が一緒に暮らすきっかけになる両親たちなども、
どんなキャストになるのか楽しみですね。


監督は、少女マンガ原作実写のベテラン!

f:id:kinoshitayukari:20170928031131j:plain

映画『ママレード・ボーイ』のメガホンを取るのは、映画『PとJK』『オオカミ少女と黒王子 』など、数々の少女漫画原作の映画の監督を勤めている廣木隆一監督。

さらに、脚本は、2017年7月より放送のドラマ『ごめん、愛してる』をはじめ、ドラマ『ラブジェネレーション』などを手掛けた浅野妙子さんが担当するようです。

また、プロデューサーは、2017年ヒット映画『銀魂』の小岩井宏悦さんと松橋真三さんが参加するようです。


そんな、2018年注目の映画『ママレード・ボーイ』は2018年公開予定です。