元KARA知英&竹中直人がコンビを組む!映画「レオン」あらすじ&キャスト紹介

f:id:kinoshitayukari:20170928100824j:plain

人気コミック『レオン』が2018年に映画化することが決定!主人公を演じるのは元KARAのメンバーで今は日本で女優をしている知英と、個性的な演技で知られる竹中直人
外見はたいへんな美女、なのに中身は中年スケベ親父というヒロインが、それゆえにハチャメチャな騒動を繰り広げる奇想天外なコメディです。
そんな2018年注目の映画『レオン』のあらすじやキャストなど紹介します。



知英&竹中直人映画『レオン』のあらすじは?

f:id:kinoshitayukari:20170928100839j:plain

見た目はたいへんな美人なのに、地味でなんだかパッとしない派遣OLの小鳥遊玲音(たかなしれおん)。恋人の日下にふられたばかりか、会社までクビになってしまうという人生どん底状態に……。
そんな悲惨な状況に輪をかけるかのように、玲音はある交通事故に巻き込まれてしまいます。同じく事故に巻き込まれたもう一人が朝比奈玲男(あさひなれお)という中年親父。そして事故から目覚めたとき、2人はなんと心と体が互いに入れ替わってしまっていることに気づくのでした。
無類の女好きでワンマン社長として知られる玲男は、さっそくキャバクラ嬢となって美人の中に紛れ込んではウハウハ気分に……。もちろん、様々な騒動が巻き起こるのは必至。ところがある日、店で偶然接客した玲音の元カレの日下と玲男の甥・政男から、交通事故が会社を乗っ取るための罠だったことを聞いてしまうのでした。

映画『レオン』キャスト紹介!

ヒロイン・小鳥遊玲音を演じる元KARAの知英
f:id:kinoshitayukari:20170928100857j:plain

外見は美人、中身は中年男性という難しいヒロインに抜擢されたのは、知英(ジヨン)。
知英さんは、2008年にK-POPアイドルグループのKARAに加入し、日本で大ブレイク。しかし、2014年に脱退し、現在は主に日本で女優として活動中です。
代表作に、ドラマ『地獄先生ぬ〜べ〜』ではヒロインを、映画『暗殺教室』ではイリーナ・イェラビッチ役を演じ話題となっています。また、JYとして歌手活動も行っています。
今回で長編映画初主演にして、外見はOL、中身は中年親父という難しい役どころ。女優としての成長が期待できそうです。


スケベな中年親父・朝比奈玲男を演じる竹中直人
f:id:kinoshitayukari:20170928101003j:plain

今作のもうひとりの主人公、朝比奈玲男を演じるのは、竹中直人さん。どの作品でも独特の個性を発揮する名バイプレイヤーとされており、代表作にはNHK大河ドラマ『秀吉』『のだめカンタービレ』『GOODLUCK』など話題作に出演し、映画『無能の人』では監督も務めている多才な才能を持つ。


ヒロイン伶音を振る自信過剰男・日下を演じるのは、山崎育三郎

f:id:kinoshitayukari:20170928101948j:plain

竹中演じる社長が運営する朝比奈フーズの税理士・日下役を山崎育三郎が務めることに。
玲音をもてあそび、会社を乗っ取ろうとたくらむ怪しげなイケメンという役どころを演じます。
山崎育三郎さんは代表作に、ドラマ『下町ロケット』『あなたのことはそれほど』があり、2017年のヒット映画『美女と野獣』では野獣役の日本語吹き替えを担当しました。


玲音の親友・サリナ役は大政絢

f:id:kinoshitayukari:20170928102008j:plain

ヒロイン玲音の身を心配する親友サリナには、女優の大政絢さん。近年の代表作に、映画『PとJK』ドラマ『あなたのことはそれほど』など。



一条役は、吉沢亮
f:id:kinoshitayukari:20170928025639p:plain

中身が入れ替わった玲音にほのかな恋心を寄せる青年・一条役は、ブレイク必死の若手俳優吉沢亮さん。
吉沢亮さんの近年の代表作は映画『オオカミ少女と黒王子』『銀魂』では、沖田総司役で注目を得ました。


朝比奈政夫役には、斎藤慎二
f:id:kinoshitayukari:20170928102048p:plain

社長の右腕として働きながら、虎視眈々と社長の座を狙う朝比奈政夫役には、ジャングルポケット斉藤慎二が抜擢。


そのほかにも、社長秘書の猫田役にミッツ・マングローブさん、社長に近づく謎のインタビュアー役に原幹恵さん、
社長がかつて愛した女性・愛梨役には河井青葉さんが出演することに!

監督をつとめるのは塚本連平

f:id:kinoshitayukari:20170928102157j:plain

本作のメガホンをとるのは、塚本連平監督。代表作に、2007年に公開された映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』があり、2005年ドラマ『ドラゴン桜』や2013年の『ダブルス〜二人の刑事』、2016年の『お迎えデス。』では、演出を担当していた。

映画『レオン』見所は?

見所は、なんといっても知英さんが、外見は美人OL、中身はスケベ親父を演じるというところでしょう。
容姿淡麗でありながら、限界ギリギリまでのセクハラ親父の演技をしたという知英さん。一体どんな姿が見られるのでしょうか?
さらに竹中直人さんは、外見は中年親父、中身はOLという役どころ。また独特な演技が見られそうです。

そんな2018年注目のコメディ映画『レオン』は2018年早春に公開予定です。