エマ・ワトソン&トムハンクス主演映画「ザ・サークル」あらすじ&キャスト紹介!

f:id:kinoshitayukari:20170929042843j:plain
全米で話題となった小説『ザ・サークル』が、エマ・ワトソン×トム・ハンクスで2017年、映画化決定。SNSをテーマに扱ったストーリーに豪華キャストということで、世界から注目されている映画『ザ・サークル』のあらすじやキャストなどをまとめてみました。



映画『ザ・サークル 』あらすじ


主人公マエ・ホーランドは、世界で最も力を持っているインターネット企業「サークル」に就職します。しかしそこは、メール、SNS、支払い履歴、銀行口座など様々な情報を彼らのシステムを使って見ることができてしまう異様な世界でした。 そしてそれが、ネット世界でのアイデンティティーを創り出し、新しい時代へと導いていきます。 マエは「サークル」という会社の姿を知ることで恐怖を覚えていくのです。巨大企業に無いものは無く、業務後のパーティーが開かれたり、有名なミュージシャンが芝生で演奏していたり、クラブもあって……。 良い生活を送ることができて、仕事も順調のはずなのに。世界で最も影響力のある企業に就職できたのは自分にとっていいことだったのかと疑問を持ち始めます。 本作は1人の女性にスポットを当て、プライベートが可視化された世界の恐怖を描いたスリラー。記憶、歴史、プライバシー、デモクラシーって?そして人間の知識の限界って?様々な事についても考えさせられる作品になっているようです。

『ザ・サークル』注目のキャストはこちら
ハリポタ・ハーマイオニー役で知られるエマワトソンが主人公マエ

f:id:kinoshitayukari:20170929044944j:plain

今作の舞台である大手SNS企業『サークル』の社員である主人公マエを演じるのは、世界的な人気女優のエマ・ワトソン

映画『ハリー・ポッター』シリーズでハーマイオニー役をはじめ、女優として数々の賞を受賞するほか、2017年公開のヒット映画『美女と野獣』では、ヒロイン・ベルに大抜擢されました。 世界中から注目される彼女は、今作の主人公マエ役に共通するところがあるのかも?

数々の名作に出演してきたトム・ハンクスがミステリアスな男バイリーを演じる

f:id:kinoshitayukari:20170929044156j:plain

今作の舞台となるSNS企業『サークル』の経営者・バイリー。彼は、マエを使って彼女の24時間をシェアすることを提案しますが、本当の目的は何なのか?

そんな今作のキーマンでもあるミステリアスな男・バイリーを演じるのは、トム・ハンクス
代表作に『フィラデルフィア』『フォレスト・ガンプ / 一期一会』(1があり、アカデミー賞主演男優賞を2年連続で受賞するという快挙を成し遂げた。そのほかにもさまざまな映画に出演し、2018年公開の
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』出演のカレン・ギランがアニーを演じることが決定。

イギリスで人気のドラマ『ドクターフー』でエイミー役を演じたカレン・ギラン。

f:id:kinoshitayukari:20170929044237j:plain

彼女は2014年公開のマーベル映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』や2016年公開アダム・マッケイ監督作『マネー・ショート 華麗なる大逆転』にも出演しています。

『ザ・サークル』ではインターネット企業「サークル」の頭脳集団1人で、可愛くてちょっぴり抜けているアニーを演じます。

スター・ウォーズ フォースの覚醒』でブレイク!ジョン・ボイエガがカルディン役で出演
f:id:kinoshitayukari:20170929044327j:plain

本作の『サークル』の創業者の一人、天才青年カルディンを演じるのは、ジョンボイエガ。ジョン・ボイエガは2015年公開の『スター・ウォーズ フォースの覚醒』でフィン役を演じ世界的に注目される俳優になりました。
2017年、18年には、その続編が公開予定となっており、これからの活躍に目が離せない注目の俳優の1人です。


監督・脚本はジェームス・ポンソルト

監督・脚本を手掛けるのは、『スマッシュド~ケイトのアルコールライフ』や、『人生はローリング・ストーン』などで知られるジェームス・ポンソルト。 以前から大ファンだったエマ・ワトソンの主演が決まったことをとても喜んでいて、彼女が起用出来たときはとても興奮したと語っています。

『ザ・サークル』見どころはここ!


なんと言っても本作最大のみどころはエマ・ワトソントム・ハンクスという豪華キャスト。
子役から成熟したエマワトソンや、ベテラン俳優・トムハンクスが繰り広げる、現代特有のストーリーには釘付けになること必至です。

また、SNSが日常となった今の時代に、起こり得る問題を題材にされており、いろいろと考えさせられるこ話題作となりそうです。


トム・ハンクスエマ・ワトソン共演の本作は2017年11月10日から、日本でも公開される予定です!