人気漫画を実写映画化「となりの怪物くん」あらすじ&キャスト紹介!土屋太鳳&菅田将暉初共演

 

f:id:kinoshitayukari:20171003053711j:plain

コミックス累計発行部数は500万部を超える人気漫画「となりの怪物くん」を、実写映画化することが決定!主演は菅田将暉&土屋太鳳ということで、今から話題を呼んでいます。

となりの怪物くん」とは、2008年~2014年まで講談社「月刊デザート」で連載されたろびこ作のラブコメ人気漫画。映画は2018年に公開されるということですが、そんな映画「となりの怪物くん」のあらすじ、キャスト紹介などをしていきます。

       

 

人気コミックを実写化!「となりの怪物くん」あらすじ

f:id:kinoshitayukari:20171003053809j:plain

主人公・水谷雫は、幼少期からトップの成績を取ることしか興味が無く、生き物に対しての慈しみも乏しい。小学生時、クラスで飼っていたウサギが死に、皆が悲しむ中でも宿題を優先する発言をし、周囲からは『ドライアイス』とあだ名をつけられるような勉強の虫だった。

 

高校へ入学して間もなく、担任から隣席との理由で依頼されてプリントを届けたことがきっかけで、入学式当日に流血事件を起こし、停学処分解除後も不登校を続ける問題生徒・吉田春(通称「ハル」)と知り合う。

 

本当の友達がいないハルの思い込みや勘違いも手伝い、非常に気に入られ、迷惑しながらも雫はハルの世話を焼くようになる。やがてハルは登校を始めて2人の感情に友情が芽生え、次第に恋愛に近いものに変化していく。

 

実は頭脳明晰だが、暴力的で奇行が目立つために友人を求めながらも孤立してきたハルと、成績こそ全てと優秀な自分を維持するために他人との関わりを排除してきた雫、不器用な2人が出会ったことにより、取り巻く人間関係もそれまでとは大きく変わっていく。

 

映画版「となりの怪物くん」キャスト紹介

 

吉田春/菅田将暉

f:id:kinoshitayukari:20171003053824j:plain

 

主人公・吉田春、通称「ハル」は雫のとなりの席の問題児。イケメンで実は頭が非常によくケンカが強いにも関わらず、人間関係が極度に苦手な不器用人間。そんな、“怪物”な中にもチャーミングさを秘めたキャラクターにピッタリという理由と、これまで演じたことのない“王道少女マンガの主人公”を務めてほしいという思いから、製作陣が菅田にオファーをしたという。

 

 

水谷雫/土屋太鳳

 

f:id:kinoshitayukari:20171003053857j:plain


もう一人の主人公、水谷雫は冷血で自分の成績をよくすることだけを考えて人間関係を排除し、周りから浮いてしまっている女の子。まっすぐでひたむきな役を演じることの多かった土屋が、あえてこれまでと全く逆の役どころとなる「冷血女子」を演じる姿を観たいという理由から製作陣がオファー。これまで多くのラブストーリーのヒロインを演じてきた土屋が、新境地の“恋愛したくない”ラブストーリーのヒロインに挑む。

 

今後のキャスト発表にも注目

さらに、主人公2人を取り巻くキャラクターたちも魅力あふれるキャラクターになっている。クラスメイトの夏目あさ子や、山口賢二ことヤマケン、佐々原宗平ことササヤンなど、気になるキャラクターを誰が演じるのか。キャスト発表にも注目が集まる。 

 

となりの怪物くん』見どころ

今まで演技力を伴う役どころが多かった菅田将暉が、王道ラブストーリー主人公を演じることで、話題となっている今作。しかも、これが菅田の最後の学園ものということで、ファンは菅田の制服は見納めということになる。


また、ヒロインの土屋太鳳も、今まで純粋でまっすぐな女の子という役どころが多かった中、冷血な優等生を演じるということも注目を集める要因の一つ。土屋の新たな一面が見れそうだと話題となっている。

 

さらに、土屋太鳳と菅田将暉とは初共演ということで、ファンの間では『絶対見に行かないと。』と今から期待の声が上がっている。

 

映画『となりの怪物くん』は2018年より公開予定だ。