時代劇映画「散り椿」岡田准一と西島秀俊が初共演で、監督は木村大作!キャスト、あらすじ紹介

f:id:kinoshitayukari:20171003060648j:plain
映画『散り椿』時代劇がV6岡田准一を主演むかえ、2018年に映画化決定!監督は黒沢監督の弟子といわれる木村大作監督。
『散り椿』は2012年に作家である葉室麟(はむろ りん)が発表した同名小説の映画化作品となります。
今回はそんな気になる『散り椿』のあらすじや、出演キャストをご紹介します。



『散り椿』あらすじ

f:id:kinoshitayukari:20171003060701j:plain

舞台は享保15年。

かつて一刀流動場の四天王の一人と謳われる程の剣術を持ち、勘定方であった瓜生新兵衛(うりゅう・しんべい)は、藩の不正を訴えでた事によって権力に潰され、藩を追放されてしまいます。
しかし、追放後病に倒れ、死を迎えようとしていた妻の篠に「藩に戻って榊原采女(さかきばら・うめね)を助けてほしい」と願いを託されます。

榊原采女とは良き友であり、かつては篠を巡った恋敵でもありました。自身の藩追放にも関わる、因縁のライバルである彼を救えと言った亡き妻の本当の気持ち。そして過去の藩の不正事件の真相を暴くべくして、新兵衛は帰郷します。

篠の妹である坂本里美(さかもと・さとみ)、その弟坂下藤吾(さかした・とうご)は居候をする彼に戸惑いながらも、亡くなった姉を想う一途な姿、そして不正を暴こうと奮闘する凛とした生き様に惹かれていくのです。

しかしそんな新兵衛を、またしても大きな権力が襲おうとします。ついに対峙する新兵衛と采女。そこで明かされる、妻の遺した苦しくも切ない、本当の想いとは……?

映画『散り椿』主要キャスト紹介!

瓜生新兵衛(うりゅう・しんべい)/岡田准一
f:id:kinoshitayukari:20171003060713j:plain

今作の主人公で、不器用で実直で一途な剣豪・瓜生新兵衛(うりゅう・しんべい)を演じるのは、岡田准一さん。岡田さんは、ジャニーズ事務所に所属するアイドルグループ、V6の一員でありながらも、本格的な俳優として数多くの作品に出演してきました。百田尚樹原作の『永遠の0』では主演を務め、2014年度日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。昨年も、同じく主演を務めた『海賊と呼ばれた男』において日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞するなど、アイドルでありながらも彼の演技力は非常に高く評価されています。

榊原采女(さかきばら・うめね)/西島秀俊

f:id:kinoshitayukari:20171003060725j:plain

主人公・瓜生新兵衛の友人であり、恋敵でもあるライバル榊原采女(さかきばら うめね)を演じるのは、西島秀俊さん。
意外にも、今作で岡田准一さんとは初共演です。
西島秀俊さんも『MOZUシリーズ』やドラマ『ダブルフェイス』『ストロベリーナイト』などアクションシーンの多いドラマや映画には多数出演。
殺人の稽古で会った岡田准一を、“まさに侍のような佇まい”と表現しているところから、この役どころはぴったりといったところでしょう。



坂本里美/黒木華
f:id:kinoshitayukari:20171003060935j:plain

主人公、瓜生の妻・篠の妹坂本里美を演じるのは、黒木華さん。黒木華さんは、三浦しをん原作の小説を映画化した『舟を編む』に出演し、新人女優賞を受賞した事をきっかけにブレイクしました。その後は『小さいおうち』でベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞、2016年には岩井俊二監督による『リップヴァンウィンクルの花嫁』で主演を務め、若手実力派女優の一人です。


坂下藤吾/池松壮亮
f:id:kinoshitayukari:20171003060947j:plain

篠の弟である坂下藤吾には、池松壮亮さんが抜擢。トム・クルーズ主演『ラストサムライ』で映画デビューを果たし、三浦大輔監督作『愛の渦』で注目を浴びました。その後、人気シリーズ『MOZU』への出演や、主演作『海を感じる時』『セトウツミ』などでその高い演技力を見せ、今や映画・ドラマ問わず引っ張りだこで、今や邦画シーンに欠かせない俳優の一人。今年公開される人気漫画実写化映画『銀魂』にも岡田似蔵役として出演しています。


柳楽優弥
f:id:kinoshitayukari:20171003061003j:plain
役柄は未定ですが、演技派柳楽優弥も出演することが決まっています。是枝裕和監督に見いだされ、『誰も知らない』で映画初主演を果たしました。デビュー作にも関わらず、同作においてカンヌ国際映画祭男優賞を始め多くの賞を受賞し、大ブレイク。後にドラマシーンでも活躍し、最近では『ディストラクション・ベイビーズ』の主演を務め、激しい演技を披露しました。
『散り椿』は“黒澤明イズム”を継承する時代劇として最高傑作になりえるのか?


『散り椿』の監督は木村大作!師匠は黒澤明


『散り椿』の映画化に挑戦するのは、現在77歳の木村大作監督。78年から現在にかけて日本アカデミー賞優秀撮影賞をはじめとした、数多くの賞を受賞してきた実力を持っています。

そんな、木村大作監督は日本映画界の巨匠である黒澤明の代表作『隠し砦の三悪人』から5作品に渡り、彼の助監督を務めてきました。
木村監督の撮影技術の高さには黒澤明も一目置き、「撮影助手で名前を憶えているのは大ちゃんくらいだ」と太鼓判を押すほど。

そんな彼にとって、『散り椿』は時代劇初挑戦作品!監督は“美しい時代劇を撮りたい”という強い想いを抱き、最高傑作を創る事を目指しています。そのためか、撮影は異例のオールロケとして主に長野、富山、彦根で行われているようです。


さらに、木村大作は、自身の作品で幾度も監督助手として携わった小泉堯史に『散り椿』の脚本を依頼。彼もまた、黒澤組出身であるため、より今作が“黒澤明イズム”を継承した作品になる事が期待できそうです!


岡田准一演じる一途で不器用な剣豪が、亡き妻との約束を果たすという少し切ないストーリー。映画『散り椿』の公開は2018年の予定です。