寺山修司小説を映画化!「あゝ、荒野」あらすじ、キャスト紹介!菅田将暉と韓流ヤンイチョクW主演!

f:id:kinoshitayukari:20171003111646j:plain
寺山修司が遺した同名長編小説の映画化作品『あゝ、荒野』が2017年10月に前後編とも公開します。『あゝ、荒野』は2011年に嵐の松本潤主演で舞台として実写化し、話題となりました。
今回の映画で主演を務めるのは、菅田将暉とヤン・イクチュンという日韓を代表する実力派の二人。
今回は、そんな映画『あゝ、荒野』のあらすじやキャストを紹介していきます。




映画『あゝ、荒野』のあらすじは?

f:id:kinoshitayukari:20171003112037j:plain
原作の時代設定を近未来に置きかえた2021年の新宿が舞台です。かつて、詐欺仲間であり兄貴分だった劉輝に暴行し半身不随の体にした男・裕二への復讐を誓う、少年院あがりの新次。かたや、吃音と赤面対人恐怖症を抱えたティッシュ配りの内気な青年・健二。
そんな2人が、ひょんなきっかけから堀口という男に勧誘されるまま、同じボクシングジムの門をくぐります。新次は、復讐を成し遂げるためボクシングにのめり込み、試合を重ねるごとに強いボクサーへと変貌。やがて、内気な性格を克服するためやはりボクシングに打ち込んでいた健二との間に不思議な友情が芽生えていくのです。
原色のネオンがきらめく大都会という荒野で繰り広げられる、若者たちの無軌道な行動の行く末は……。

映画『あゝ、荒野』キャスト

新宿新次/菅田将暉
f:id:kinoshitayukari:20171003112051j:plain

母に捨てられた少年院あがりの野性的な青年・新宿新次を演じるのは、映画やドラマで引っ張りだこの人気俳優・菅田将暉
菅田将暉は2009年、『仮面ライダーW』でデビュー。それ以降、映画『共喰い』『キセキ -あの日のソビト-』や『帝一の國』に主演として出演し、その演技力に定評があります。今後の主演映画としては、映画『火花』『となりの怪物くん』など今後も注目の俳優です。


健二/ヤン・イクチュン
f:id:kinoshitayukari:20171003112101j:plain

路上で床屋のティッシュ配りをしているところを堀口からボクシングジムに勧誘される「バリカン」こと健二を演じるのは、韓国の人気俳優ヤン・イクチュンです。
ヤン・イクチュンは1975年生まれの俳優で、有名になったきっかけは、主演のみならず監督・脚本・編集も手掛けた映画『息もできない』です。その映画で、暴力的な借金取り立て屋のチンピラと気丈な女子高校生の切な過ぎる恋愛を描き、世界中の映画祭を席巻しました。
俳優として複数の日本映画にも出演しており、2012年の映画『かぞくのくに』2013年の宮藤官九郎監督作『中学生円山』にも出演し、存在感のある演技に定評があります。



ヒロイン・芳子/木下あかり
f:id:kinoshitayukari:20171003112116j:plain

新次と健二の人生に深く関わる本作のヒロイン・芳子には、オーディションによって木下あかりが抜擢。
木下あかりは、1992年生まれの女優で、舞台を中心に活躍し、堤真一瑛太と共演した2014年の『ロンサム・ウェスト』などに出演。今後期待の新人女優です。


片目/ユースケサンタマリア
f:id:kinoshitayukari:20171003112139j:plain

主人公の健二と、新次の2人をボクシングジムに誘うトレーナーの「片目」こと堀口を演じるのは、ユースケ・サンタマリア

ユースケ・サンタマリアは1971年生まれで、『ぷっすま』など多数のバラエティ番組に出演しつつ、『踊る大捜査線シリーズ』などに出演し俳優としても活動を広げる。



裕二/山田裕貴
f:id:kinoshitayukari:20171003112158j:plain

新次の宿命のライバルとなるボクサーの裕二を演じるのは、山田裕貴山田裕貴は、1990年生まれの俳優集団D2およびD-BOYSに所属している若手俳優。代表作に、『High&Lowシリーズ』NHK大河ドラマ『女城主直虎』など、話題作に多数出演。


京子/木村多江
f:id:kinoshitayukari:20171003112214j:plain
主人公・新次を捨てた母親の京子を演じるのは、木村多江木村多江は、1971年生まれのベテラン女優で、代表作に映画『ぐるりのこと。』『東京島』『大奥』などがある。


監督は『二重生活』で菅田将暉とタッグを組んだ岸善幸

f:id:kinoshitayukari:20171003112454j:plain

監督を務めたのは映画『二重生活』で菅田将暉とタッグを組んだ岸善幸監督。
映画『二重生活』は、小池真理子の同名小説を原作に、近所に住む男性を尾行することにのめり込んでいく一人の女子学生の姿を描き話題となりました。その独特の心理描写が話題となり、第14回ウラジオストク国際映画祭において最優秀監督賞を受賞しました。

** 映画『あゝ、荒野』の撮影にボクシングシーン
f:id:kinoshitayukari:20171003112509j:plain
撮影は2016年8月初旬にクランクインし、10月31日に予定通りクランクアップしたようです。
なんと、菅田将暉さんとヤンイチョクンさんは、ボクシングシーンに挑戦。迫力のボクシングの試合では、大量のエキストラを動員した臨場感あふれるシーンが9日間に渡って撮影された模様。


そんな、気になる映画『あゝ、荒野』は前篇が2017年10月7日、後篇が2週間後の10月21日に公開予定。ぜひ劇場で見てみたいですね。