映画「ラストレシピ麒麟の舌の記憶」あらすじ&キャスト紹介!二宮和也&西島秀俊が初共演!

f:id:kinoshitayukari:20171003185659j:plain

料理の鉄人」で知られる演出家・田中径一が発表した小説『ラストレシピ 麒麟の舌の記憶』を二宮和也滝田洋二郎によるタッグで映画化されます。

その他の共演者には、西島秀俊綾野剛宮崎あおい竹野内豊と主役級の役者が勢ぞろいとなり、2017年冬の注目の映画となりそうです。

今回は、そんな話題の映画『ラストレシピキリンの舌の記憶』のあらすじ、キャストを紹介していきます。

 

 

 

 

原作「ラストレシピ麒麟の舌の記憶」のあらすじ

f:id:kinoshitayukari:20171003185558j:plain

物語が繰り広げられるのは1930年代と2000年代はじめの2つの時代です。

2000年代はじめに料理人として、人生最後に食べたい料理の依頼を受けていた佐々木充(二宮和也)。彼は麒麟の舌の持ち主と言われ、一度食べた味を再現することができる天才的人物でした。

あるとき、中国の料理人・楊清明から「大日本帝国食菜全席」を再現してほしいと依頼されます。「大日本帝国食菜全席」とは1930年代に宮廷料理人であった山形直太朗(西島秀俊)が完成させた伝説のレシピ。

山形もまた、麒麟の舌の持ち主でした。 しかし戦争を経て「大日本帝国食菜全席」の存在は闇に葬られてしまいます。レシピ再現のため立ち上がった佐々木は、思いがけない事実と山形直太朗というひとりの料理人の人生を知ることになるのでした。

 

 

「ラストレシピ」主要キャスト紹介!

 

『ラストレシピ』主演キャストには二宮和也

f:id:kinoshitayukari:20171003181517j:plain

今作の主人公で現代で絶対味覚・麒麟の舌を持つ男・佐々木充を演ずるのは、ジャニーズの中でも1,2を争う演技派俳優・二宮和也

2006年に『硫黄島からの手紙』で、ジャニーズで初めてハリウッド映画デビューを飾り、2016年に公開された映画『母と暮せば』ではアカデミー賞主演男優賞を獲得し、高い演技力は周知のものとなりました。

 

1930年の天才料理人・山形直太朗/西島秀俊

 

f:id:kinoshitayukari:20171003185733j:plain

1930年代、料理に情熱を捧げ太平洋戦争直前の1930年代を生きた料理人・山形直太朗を演じるのは西島秀俊。ドラマ・映画・CMと多くの作品に出演し、 『MOZU』『ダブルフェイス』をはじめ、ドラマ『流星ワゴン』や『無痛〜診える眼〜』では主演を務めました。

映画にも数多く出演する西島ですが滝田洋二郎監督作品に出演することは初めて。「20代前半、俳優という仕事を始めた頃から憧れていた滝田洋二郎監督とご一緒出来るということ、非常に嬉しく思っています」とコメントしています。

 

主人公・佐々木の理解者、柳沢健/綾野剛 

f:id:kinoshitayukari:20171003185747j:plain

二宮演じる主人公・佐々木の唯一の理解者である柳沢を演じるのは、俳優の綾野剛綾野剛は映画『横道世之介』と『夏の終り』でアカデミー賞新人俳優賞を受賞し、演技力を評価されています。2016年公開された映画『怒り』では妻夫木聡と共に同性愛者役に挑戦。主演の二宮とは映画『GANTZ』で共演している。

 

佐々木に依頼をする料理界の重鎮・楊晴明/笈田ヨシ

 

f:id:kinoshitayukari:20171003185809j:plain

料理界の重鎮で、このストーリーで佐々木に「大日本帝国食菜全席」の再現を依頼する、楊晴明を演じるのは、ベテラン俳優・笈田ヨシ。2016年で83歳になりますが、現役の俳優として国内外の舞台や映画に出演。また俳優業の他にも1982年から演出家としても活躍しています。

 

山形直太朗の妻/宮崎あおい

f:id:kinoshitayukari:20171003185831j:plain

西島秀俊扮する山形直太朗を支える妻を演じるのは、宮崎あおい。 2005年に公開された映画『NANA-ナナ-』でブレイクしてから、映画、NHKドラマなどを中心に数々の話題作に出演しています。大河ドラマ篤姫』では22歳にして主人公・篤姫を演じ、演技力が評価されました。

 

陸軍大佐・三宅太蔵に扮するのは竹野内豊

 

f:id:kinoshitayukari:20171003185912p:plain

1930年代山形に「大日本帝国食菜全席」の作成を命じた陸軍大佐・三宅太蔵を演じるのは、世界で最もハンサムな顔100人”に選ばれたこともある竹野内豊。代表作に、ドラマ『流れ星』『素敵な選TAXI』映画『シン・ゴジラ』などがあり、その人気は不動。

 

 

『ラストレシピ』注目は役者たちの料理シーン!

f:id:kinoshitayukari:20171003185939j:plain

9月25日に行われた映画の完成報告会見で、主演の二宮和也、滝田監督をはじめとし共演を果たした西島秀俊綾野剛宮崎あおいらが登壇しました。

絶対味覚を持つ佐々木充を演じる二宮は、「アカデミー賞ではなくミシュランを狙いたい」とコメント。共演した綾野剛もそれに共感していました。

二宮、西島秀俊らがこだわりのあるさまざまな料理シーンを演じる場面は、ファンも必見でしょう。

 

監督は『おくりびと』で知られる滝田洋二郎

f:id:kinoshitayukari:20171003190041j:plain

映画『ラストレシピ麒麟の舌の記憶』の監督は滝田洋二郎。滝田監督は『天地明察』『おくりびと』などが有名で、5年ぶりの監督作品となります。

本作の撮影に向けて滝田監督は、二宮和也に直々にオファーをしており、 「二宮和也さん、西島秀俊さんをはじめ、多彩な絶対味覚を持つ、若手・老練の皆様と共に、撮影現場で予想もしなかった素敵な瞬間に立ち会えることを楽しみにしております。すばらしい企画・原作・脚本に感謝します」とコメントしています。

 

二宮和也主演の注目の映画『ラストレシピ 麒麟の舌の記憶』は2017年11月3日公開!