松坂桃李に見つめられたら最期!映画「不能犯」あらすじ&キャスト紹介!漫画原作を実写化

f:id:kinoshitayukari:20171004080306j:plain

グランドジャンプで連載中の人気上昇中漫画『不能犯』の実写映画が、2018年公開決定!

なんと松阪桃李が主演のダークヒーローを演じることで話題となっています。

『不能犯』とは、実証不可能な殺人を起こす犯人を描いた緻密なストーリーと、グロテスクな描写が人気の新感覚サスペンス・エンターテイメント作品です。

今回は、そんな気になる映画『不能犯』のあらすじやキャストをご紹介します。

 

 

 

 

原作『不能犯』のあらすじ

f:id:kinoshitayukari:20171004075231j:plain

不可解な殺人事件に関わる経歴不詳の黒スーツの男・宇相吹正(うそぶきただし)。とある電話ボックスに殺して欲しい相手の連絡先と理由を書いた手紙を貼ると、宇相吹が完璧に始末してくれる事から、SNS上では「電話ボックスの男」と呼ばれています。

ある日、宇相吹と一緒に居た闇金業者が喫茶店で急死。当然直前まで一緒に居た宇相吹に疑いの目が。女性キャリアの夜目刑事は後輩の多田と共に宇相吹を問い詰めます。その最中、ねこに引っ掻かれ傷を負った夜目刑事を見た宇相吹が夜目の傷口を舐めまわすと、たちまち傷口が腫れ上がっていくのです。

毒を盛られたと思った夜目でしたが、患部に異常はなし。宇相吹は人々の「思い込み」を利用して、言葉巧みに事件を起こし続けていきます。次第に夜目たち警察も、宇相吹の能力で精神的に追い詰められていき…。

 

映画『不能犯』キャスト!

 

今作の主演にしてダークヒーロー宇相吹正 / 松坂桃李

f:id:kinoshitayukari:20171004075549j:plain

数々の変死事件現場にあらわれる正体不明の黒スーツの男・宇相吹正。

社会に蔓延する様々な悪事や人間の心を失くしてしまった者たちを死に追いやっていきます。きめ台詞は「愚かだね…人間は」。

そんな主人公・宇相吹役に抜擢されたのは松坂桃李です。2009年の『侍戦隊シンケンジャー』シンケンレッド役でデビューをし、その後も着々とキャリアを積み重ね、2015年の連続ドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』2017年は『視覚探偵 日暮旅人』『キセキ -あの日のソビト-』など主演を務める作品が続々公開。『不能犯』の宇相吹正役に抜擢された松坂桃李は、元々神崎の漫画のファンでもあり現代版『笑うセールスマン』のようだと作品に意欲を見せています。

 

 

ヒロイン・多田友子/沢尻エリカ

f:id:kinoshitayukari:20171004075606j:plain

誤認逮捕をして自殺に追い込んでしまったという過去を持ち、精神安定剤を服用しているキャリアの女性刑事・多田友子。宇相吹を疑いつつもその術中にはまっていってしまいます。原作では、多田友樹ですが、映画版では女性に変更しています。

そんな今作のヒロイン・多田友子を演じるのは、沢尻エリカ沢尻エリカといえばドラマ『1リットルの涙』映画『クローズド・ノート』に主演で出演し脚光を浴びますが、「別に」発言で一時芸能界から干されてしまいます。その後映画『ヘルタースケルタードラマ『ファーストクラス』で主演としてカムバック。歯に衣着せぬかっこいい女性として再び人気を得ます。

 

百々瀬麻雄/新田真剣佑

f:id:kinoshitayukari:20171004075804j:plain

宇相吹の捜査をしていく多田の部下・百々瀬麻雄。原作では麻子と女性の役柄だが映画では男性に変更されている。そんな百々瀬麻雄を演じるのは、若手で注目の新田真剣佑。米LA出身で、アメリカで俳優活動をしていたが、2014年以降日本で活動を始める。代表作に映画『ちはやふるシリーズ』『ジョジョの奇妙な冒険』など話題作に多数出演。また、千葉真一の息子であることでも有名。

 

f:id:kinoshitayukari:20171004075921j:plain

そのほかにも、川端タケルに間宮祥太郎、木村優真野恵里菜夢原理沙を芦名星夜目美冬を矢田亜希子河津村宏を安田頚という豪華な顔ぶれがそろっています。

 

今作のタイトル「不能犯」とは?

f:id:kinoshitayukari:20171004075938j:plain




この映画のタイトルである「不能犯」とは、刑法学上の概念の一つで、犯罪的結果の発生を意図したにもかかわらず、その行為の性質上、当該結果を発生させることがないという犯行のこと。主人公・宇相吹の場合は、実際に人に手をかけて殺していく殺し屋ではなく、思い込みや洗脳によって確実に死に追い込む「不能犯」の為、罪に問われることはなく捕まることもないのです。
この『不能犯』の原作漫画を描いている神崎は、以前にも漫画『ウロボロス 』が生田斗真小栗旬主演でテレビドラマ化もされた人気作品です。

 

『不能犯』は原作を宮月新が考え、漫画を神崎裕也が描いているという共同作品。さまざまな心理戦や催眠術などに詳しい宮月が考える斬新で深みのあるストーリーと、神崎が描くグロテスクな画風がぴったりと合っていて、宇相吹ファンが密かに増えているのです。

 

監督は、ホラーの名手・白石晃士監督

f:id:kinoshitayukari:20171004080150j:plain

映画『不能犯』の監督は『ノロイ』や『ある優しき殺人者の記録』、『貞子VS伽椰子』など数々の名作ホラー作品を世に送り出した白石監督。

オカルトや怪奇現象の描写はお得意の白石監督なら、この『不能犯』のグロテスクさ気持ち悪さを忠実に再現してくれそうです。

 

そんな松坂桃李主演映画『不能犯』は、2018年2月1日より公開予定です。